外国人エンジニアの採用単価はどのくらい?

公開日:2024/05/15


人手不足を解消するために、外国人労働者を雇うのは1つの方法です。しかし、外国人エンジニアを採用する際、採用単価はどのくらいか気になる方も多いでしょう。本記事では、外国人エンジニアの採用にかかるコストや、給与相場について詳しく解説していきます。外国人エンジニアの採用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

外国人エンジニア採用にかかるコスト

外国人エンジニアを採用する際には、さまざまなコストが発生します。採用コストを把握し、適切に計画を立てることが重要です。以下に、外国人エンジニア採用にかかる主なコストを紹介します。

人材派遣会社の利用

外国人エンジニアを採用する際には、人材派遣会社を利用することがあります。人材派遣会社を介する場合、派遣料が発生します。派遣料は、採用が決定してから支払う形となり、派遣されるエンジニアの年収の35%程度が一般的です。

求人広告掲載料

外国人エンジニアを募集する際には、求人広告を出稿することが一般的です。求人広告掲載料は、求人サイトや新聞などのメディアによって異なりますが、50万円から150万円程度が一般的です。複数の採用に繋がった場合でも、これ以上の費用はかかりません。

在留資格認定証明書交付申請に関する手続き

外国人エンジニアを採用する場合、在留資格認定証明書交付申請が必要となります。これには手数料がかかりますが、社内で手続きを行う場合は手数料はかかりません。ただし、法律事務所などに依頼する場合は、ひとりにつき約10万円程度が必要となります。

ソフトウェアエンジニア職種の給与相場

エンジニアの給与は職種や経験、所属する企業などによって異なります。以下に、代表的なソフトウェアエンジニア職種の給与相場を示します。

プロジェクトマネージャーの平均年収は約733万円です。プロジェクトの進行管理やリーダーシップを取る役割を担うため、高いスキルと責任が求められます。

また、コンサルタント、アナリスト、プリセールスの職種の平均年収は約652万円です。システムのコンサルティングや提案、システムの導入支援などを行います。

さらに研究、テクニカルマーケティング、品質管理の平均年収は約579万円です。技術の研究開発やマーケティング、品質管理など、技術的な専門知識が求められる職種が含まれます。

基盤やインフラの構築・運用を担当するエンジニアの平均年収は約575万円です。システムの安定稼働やセキュリティの確保などが主な業務です。

ネットワークの設計や構築を行うエンジニアの平均年収は約547万円です。ネットワークの安定稼働や効率的な通信環境の構築が求められます。

また、通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)通信インフラの設計や構築を行うエンジニアの平均年収は約543万円です。通信ネットワークの設計や構築に関する技術力が求められます。

パッケージソフトやミドルウェアの開発を行うエンジニアの平均年収は約512万円です。安定した動作や効率的な機能を提供するための開発が求められます。

Webやオープン系システムの開発を行うエンジニアの平均年収は約512万円です。ユーザーインターフェースやサーバーサイドの開発などが主な業務です。

社内システムの運用や保守を行うエンジニアの平均年収は約510万円です。社内の情報システムの運用やトラブル対応などが主な業務です。

また、汎用機系システムの開発を行うエンジニアの平均年収は約508万円です。大規模なシステムの開発や運用に携わります。

マイコンやファームウェア、制御系システムの開発を行うエンジニアの平均年収は約490万円です。組み込みソフトウェアの開発や制御システムの開発が主な業務です。

以上が、ソフトウェアエンジニア職種の平均年収や給与相場についての概要です。

ハードウェアエンジニア職種の給与相場

次にハードウェアエンジニア職種の給与相場について詳しく見ていきましょう。

ハードウェアエンジニアの平均年収は約500万円前後です。ハードウェアエンジニアは、主にハードウェアや機械の設計、製造、制御に携わるエンジニアを指します。

半導体設計エンジニアの平均年収は約569万円、研究、特許、テクニカルマーケティングの平均年収は約563万円です。

また、セールスエンジニアやFAEの平均年収は約544万円、光学技術に携わるエンジニアの平均年収は約541万円です。

製造技術やプロセス開発に携わるエンジニアの平均年収は約525万円、生産技術やプロセス開発に携わるエンジニアの平均年収は約521万円です。

回路やシステムの設計に携わるエンジニアの平均年収は約519万円、制御設計に携わるエンジニアの平均年収は約518万円です。

機械や機構の設計に携わるエンジニアの平均年収は約511万円、素材や半導体素材、化成品関連のエンジニアの平均年収は約505万円です。

品質管理や製品評価、品質保証、生産管理に携わるエンジニアの平均年収は約501万円、サービスエンジニアの平均年収は約488万円です。

以上が、ハードウェアエンジニア職種の平均年収や給与相場についての概要です。

まとめ

外国人エンジニアの採用単価は、採用コストや給与相場を把握しておくことが重要です。ソフトウェアエンジニアやハードウェアエンジニアの給与相場を把握し、適切な待遇を提示することで、優秀な人材の獲得が期待できます。外国人エンジニアの採用を検討している方は、参考にしてください。外国人エンジニアの採用を検討している企業は、これらの要点を押さえた上で戦略を立てることが重要です。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
特定技能管理ツールおすすめ3選