【2024年最新】特定技能対応!外国人管理ツールランキングTOP11!特定技能対応のツールを紹介!

特定技能の資格を持つ外国人の採用が拡大している理由とは?

公開日:2024/04/03  

採用拡大

特定技能を持つ外国人を、採用する企業が増えていることをご存知でしょうか。外国人の採用で、人手不足を解消するなどのメリットがあります。

このように、外国人を採用する企業が増えていることには、理由があります。日本で働く外国人が増えていることも事実です。

本記事では、特定技能を持つ外国人の採用数が増加している理由について詳しく解説しています。人手不足などの問題を解決したい方は、ぜひ参考にしてください。

特定技能について

特定技能とは、どのような資格かご存知でしょうか。特定技能とは、外国人が日本で住むために必要な在留資格の1つです。

特定技能には、1号と2号があります。ここでは、在留資格である特定技能について、詳しく解説します。

在留資格の特定技能とは

特定技能の1号と2号には、それぞれ違いがあります。たとえば、在留期間や日本語能力の水準などです。

特定技能2号を取得していれば、1号の技能水準試験が免除される場合があります。

特定技能の制度は、人手不足が問題となっている業種で、特定の技能を持つ外国人を受け入れるために導入されました。

特定技能は、日本産業の維持や発展について、外国人労働者の活躍が期待されています。1号と2号では、家族の帯同可否などが異なるため、事前に確認が必要です。

特定技能1号は、取得をしても在留期間は最長5年です。一方で2号は、在留期間の上限が設定されていません

特定技能を持つ外国人の採用には、在留期間に注意が必要です。

特定技能の対象業種

特定技能1号と2号では、対象となる業種が異なります。特定技能1号は、特定の産業分野で、一定の経験や知識を持つ外国人向けの在留資格です。

技能は試験を受けて判定され、日本語の能力や業務経験や知識についての試験に合格する必要があります。国籍問わず試験が受けられますが、実施国は限られています。

特定技能1号を取得すれば、最長5年在留可能です。しかし、家族の帯同は認められていません

在留期間が過ぎても延長はできないため、帰国します。特定技能1号の対象業種は、介護や建設、外食業などがあります。

特定技能2号は、1号を取得したあとに、ステップアップとして取得する在留資格です。対象業種は、11分野まで拡大されています。

特定技能2号の特定業種は、主に自動車整備業や航空業などです。これらの業種が特定業種に加わったことで、日本へ滞在する外国人が増加すると予測されます。

特定技能1号で対象業種となる介護は、2号では対象外となります。

特定技能を持つ外国人は増加している

特定技能を持つ外国人は、年々増加しています。厚生労働省によると、2023年10月時点の日本で働く外国人数は、204万8,675人でした。

これは前年度に比べて、約22万人増加しています。特定技能を持つ外国人増加の理由や、採用人数が増えている分野について詳しく解説します。

増加している理由

日本で働く外国人の増加は、新型コロナウイルスによる入国制限の解除です。

また、入国制限されていたとき、すでに日本へ滞在していた外国人が特定技能を取得したことも増加した理由の1つです。

また、日本産業の人手不足も関係しています。日本人だけでは人手が不足してしまい、外国人労働者を積極的に受け入れている企業が多いです。

また、外国人労働者を雇用している企業は、政府から補助金や助成金が受け取れます。グローバル化も進化していることも、外国人労働者の増加につながっています。

政府による手厚いサポートが受けられる点は、日本で働く外国人にとってのメリットです。外国人が日本で働きやすくなるよう、窓口が設けられています。

採用人数が増加している分野

特定技能外国人を、多く採用している分野は飲食業です。飲食業は、日本に住んでいる外国人がアルバイトで選ぶことの多い業種です。

地方だけではなく、都市にも工場が多く、作業も定型的で外国人に人気があります。外国人を採用している分野の割合では、飲食業が32%です。

次に多いのは産業機械・電気電子情報関連製造業です。人手不足が深刻な問題となっている業種なので、今後も外国人労働者は増えていくと考えられています。

特定技能を取得している外国人を調査したところ、ベトナム国籍の割合が59%で半分以上を占めています。そのほかの国では、フィリピンや中国、インドネシアが多いです。

都道府県別に見たとき、外国人労働者を多く採用しているのは愛知県でした。続いて、大阪府、茨城県となります。

外国人労働者の増加は、地方ではなく、都市近郊で見られると予想されています。

特定技能を持つ外国人を採用するメリット

特定技能を持つ外国人の採用は、企業側にメリットがあるのでしょうか。外国人の採用は、日本産業の人手不足解消につながります。

そのため、企業が積極的に外国人を採用できるよう、さまざまなメリットが存在しています。特定技能を持つ外国人の採用について、メリットを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

人手不足が解消される可能性がある

日本では、少子高齢化が進んでいますが、東南アジアなどでは若い労働者が多くいます。また、働くことを目的に日本へ来ている外国人はモチベーションも高いです。

外国人を採用すると、職場の雰囲気が変わり、日本人も刺激されるでしょう。また、日本で働きたいと考えている外国人は多くいます。

外国人を採用すると、日本人だけでは解決できない人手不足が解消されます。

即戦力になる

特定技能は、一定の知識や技術を持っていないと取得できません。そのため、特定技能を持っている外国人を採用すれば、即戦力にもなります

特定技能をもっている外国人は、一定の知識と技術を身につけているため、採用後すぐに活躍できます。また、一生懸命に取り組む姿を見た日本人従業員のモチベーションも上がるでしょう。

今まで接することのなかった国の人と関わることで、新しいアイデアが生まれる可能性もあります。

短期間で離職する可能性が低い

特定技能を取得していても、外国人が日本で就職できる職種には限りがあります。そのため、入社後にすぐ退職する可能性は低いです。

安定した期間の人材確保は、大きなメリットになります。採用しても退職をすると、再び求人募集をしなければなりません。

求人募集はコストがかかるので、採用をしたら長く働いて欲しいと考える企業が多いです。長期間働ける人材を確保したいのであれば、外国人の採用もおすすめです。

日本語能力がある外国人を雇用できる

特定技能を取得する際、日本語能力も必要です。外国人を採用する際、コミュニケーションが取れるか心配に感じるでしょう。

特定技能を持っている外国人であれば、一定の日本語スキルを持っています。そのため、言葉が通じないかもしれないという不安は不要です。

日本語で教えたり、指示をしたりできるため、企業側の負担も少ないです。言葉が伝わらないことで起きるトラブルも減らせます。

働く上で困らない程度の日本語能力があるのは、特定技能を持つ外国人を採用するメリットです。

まとめ

特定技能を持つ外国人労働者の採用について、詳しく解説しました。外国人労働者の人数は、前年に比べて増加しています。

新型コロナウイルスによる入国制限の解除や、日本産業の人手不足などが理由です。外国人を採用することで、企業側は政府から補助金や助成金が受け取れます。

また、グローバル化によって、外国人労働者が増加しています。特定技能を持つ外国人を採用することで、企業側にもメリットがあります。

たとえば、人手不足が解消されたり、即戦力になったりすることです。特定技能を持つ外国人を採用したいと考える企業は、ぜひ弊社へご相談ください。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
特定技能管理ツールおすすめ3選