とくマネの口コミや評判

公開日:2022/04/15

とくマネ(株式会社 Next Innovation)
本店:東京都品川区上大崎3-1-1 目黒セントラルスクエア
TEL:03-6820-1636
受付時間:9:30~18:30(土日祝日を除く)

企業のために、外国から技能実習生を雇用している企業は数多くあります。これから技能実習生を受け入れたい企業もあるでしょう。しかし、技能実習生を受け入れるにはさまざまな手続きや業務があり、不安を覚えている企業も多いのではないでしょうか。この記事では、技能実習生の管理を楽にしてくれるツール、「とくマネ」についてご紹介します。

質問に答えるだけで入力可能な特定技能申請書類作成機能

外国から技能実習生を受け入れるにあたり、膨大な量の特定技能申請書類を届け出る必要があります。申請書類の作成は、ExcelやWordを使うと時間がかかってしまったり、書類の数が多くてデータ入力をどこまでしたかの進捗管理が難しかったりするのが課題です。

そこでとくマネでは、登録支援機関、外国人、受入機関のそれぞれにアカウントを発行し、情報を一元化します。そして、企業も外国人も、質問に答えるだけで簡単に申請書類を作成できるのです。ここからは、企業と外国人それぞれが作成する書類について見ていきましょう。

企業用の受入機関申請書類作成

企業用が作成する受入機関申請書類は、かなりの数があります。とくマネでは、質問に答えながら書類を作成できるだけでなく、重複する項目は自動で入力されるので、最低限の入力だけで済みます。

また、一箇所修正すると、そこに関わる項目事項も自動で修正されるため、速く、正確に申請書類を作成できるのです。書類を更新したいときも、既存データを複製できるため、更新したい部分のみの入力で、最新の書類を作成できます。

さらに、とくマネは10か国語に対応しており、多言語での記載が必要な帳票も簡単に作成できるのです。

外国人用の在留資格申請書類作成

外国人実習生が在留資格申請書類を作成するのも、大変な作業です。とくマネでは、外国人実習生が簡単に書類を作成できるよう、10か国語の母国語表示切り替えができます。さらにスマホから書類を作成できるため、日本語が通じない外国人実習生でも簡単に申請書類を作成できるのです。

特定技能外国人に対する支援実施サポート機能

日本では、特定技能外国人を雇用する際、8時間以上の生活オリエンテーションの実施、日本語学習機会の提供、定期的な面談実施、日本人との交流促進、母国語対応の相談窓口設置など、外国人実習生に対するさまざまな支援業務が義務とされています。しかし、この支援業務に頭を悩ませる企業も少なくありません。とくマネでは、そんな支援業務をサポートする機能が備わっています。

生活オリエンテーション実施

生活オリエンテーションでは、日本で生活する上で必要な、地方自治体への手続き、税金関係、医療関係、災害時の対応、法律、習慣などを教えなければなりません。とくマネでは、それらの内容を12章135項目にまとめ、義務である8時間に収録した動画を用意しています。

動画には、10か国語のネイティブナレーションをつけることができ、外国人にとってもわかりやすくなっています。さらに、各章にQ&Aが付いているため、理解度を確認することも可能です。

オンラインで日本語学習講座の実施

とくマネでは、日本語学習のオンライン講座を実施しています。日本語学習の経験が豊富な日本語教師による講座で、1講座あたり20分の動画講座を200講座見ることができます。動画に加えてテキストがあり、講座ごとの小テストが実施されるため、より日本語力を高くできます。無制限で何度でも受講できるのもポイントです。

多言語対応の相談窓口

自動相互翻訳チャットを使って、多言語対応の相談窓口を設置できます。外国人実習生が、仕事や生活する上で悩んでいることの相談をできます。24時間365日対応可能です。

外国人実習生の居住可能物件の案内

とくマネでは、全国に外国人実習生が居住可能な物件を数多く保有しています。専用のオペレーターが在籍しており、物件の案内、入居審査、契約手続きまでを一貫サポートしてくれます。

外国人実習生専用の携帯電話の契約

日本語がわからない外国人が日本で携帯電話を契約するのは、意外と大変です。そこでとくマネでは、外国人専用の携帯電話の契約を行っています。多言語に対応しており、さらに格安プランでの契約なので、外国人実習生が安心して携帯電話を持つことができます。

また、仕事のことで連絡を取りやすくなるため、企業にとってもメリットになります。

日本人との交流機会を案内

外国人実習生が日本人と交流できるよう、全国の観光情報を検索し、案内してくれます。

人材紹介・採用進捗管理を一元化

人材紹介事業が外国人実習生を企業に紹介する場合、外国人の求職者の進捗管理がとても大変です。とくマネでは、そんな人材紹介で必要なデータを一元管理できます。

人材・企業管理

人材・企業管理では、人材管理機能・企業管理機能・案件管理機能が備わっています。まず人材管理機能では、外国人求職者の基本情報や顔写真、希望就労条件などの情報を管理できます。次に企業管理機能では、受入機関である企業の基本情報、人材紹介・支援委宅など、契約情報の管理が可能です。

また、企業とのやりとりなど、対応履歴も管理できます。そして最後に案件管理機能では、企業ごとに求人案件の検索ができたり、外国人求職者が希望条件を入力してマッチする求人を検索したりできます。

人材紹介進捗管理・採用進捗管理

人材紹介進捗管理・採用進捗管理には、進捗検索機能、CSVエクスポート機能、進捗状況詳細表示機能があります。進捗検索機能では、求人企業ごとや求人案件ごと、さらに外国人求職者ごとに、採用の進捗状況を検索できます。CSVエクスポート機能は、人材紹介や採用の進捗状況を、一括でCSV出力できます。そのため、進捗状況の分析や集計が簡単です。

進捗状況詳細表示機能は、求職者が求人案件に応募したときの理由や、辞退したときの理由を管理できます。これらを管理することにより、その求職者の傾向を管理することが可能です。

請求・売上管理

請求・売上管理には、成約管理機能、請求管理機能、売上管理機能が備わっています。成約管理機能では、企業に人材紹介をしたり、支援委託の成約をしたりした後に、売上情報の管理ができます。その成約情報をもとに請求情報を管理し、請求書の発行までできるのが請求管理機能です。そして売上管理機能では、請求情報から、金額や日付、入金月日を管理でき、月次実績が一目でわかります。

 

外国人材管理ツールのとくマネについてご紹介しました。とくマネは、複雑な申請書類の作成だけでなく、外国人実習生を雇う上で大きな壁となる支援業務のサポートもしてくれます。これまで、外国人実習生を雇いたくても、書類作成や支援業務に必要な人手が足りずに諦めていたという企業も、ぜひとくマネを利用して外国人実習生の受け入れを考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧