ビザマネの特徴

公開日:2022/03/01

ビザマネ(株式会社ウィルグループ)
所在地:〒164-0012東京都中野区本町一丁目32番2号ハーモニータワー27 階
TEL:03-6859-8981

外国人人材管理ツールとして大きな注目を集めているのがビザマネです。在留カードの偽造チェックや就労可否判定などの機能が充実しているだけではなく、強固なセキュリティも兼ね備えています。また多くの有名企業への導入実績もあり、用途に合わせて選べるリーズナブルな料金プランも人気です。当記事では、そんなビザマネを徹底解説します。

在留カードの偽造チェックや就労可否判定などの機能が充実

ビザマネの最大の特徴が在留カードの偽造チェックや就労可否判定です。それぞれを詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

在留カードの偽造チェック

多くの企業が悩まされているのが、在留カードの偽造です。実際に偽造は多く行われているとされており、のちのち発覚することも少なくありません。

そんなビザマネですが、スマートフォンに在留カードをかざすだけで、在留カード内に埋め込まれているICチップ情報を読み取れます。しかもその場でアプリ上にICチップの情報が表示されるので、偽造に対し即座に判断できるのです。もちろん判別が難しかった高度な技術で作られた偽造在留カードでも問題ありません。

またスマホに個人情報を残すこともありません。読み取った在留カードのICチップ情報をビザマネのweb管理画面に直接表示される機能もあり、個人情報の流出を未然に防げます。

弁護士監修の就労可否判定あり

在留カードの偽造チェック機能だけではなく、就労自体が可能であるかを簡単にチェックできる機能もビザマネにはあります。ビザマネアプリで在留資格の種別が確認でき、そのうえ有効期限や資格外活動の許可、さらにはビザ申請中のスタンプ情報も把握できます

そして応募者がアルバイトで就労が可能かどうかをアプリ上でその場で判別し表示してくれるのです。結果として、企業側は不適切な在留資格者を雇用するリスクが低減できます。

他にも注目の機能あり

従業員向けページの翻訳対応機能、在留カード期限アラートの自動送信、さらには必要書類・誓約書のデジタル回収、そして行政書類の自動作成にも対応しています。外国人材を活用する企業にとっては、どれも重要な機能であり、ビザマネは極めて利用価値の高いツールなのです。

安心して利用できる強固なセキュリティ

ビザマネは在留カードを読み取る機能があるため、ハッカーなどの影響により情報が流出する可能性を心配する企業もあるでしょう。しかし、取得したICチップの情報はスマートフォンやタブレットなどの端末上には表示されません。ビザマネのWEB管理画面に表示されることになるため、情報が端末に残ることはないので、個人情報の流出の危険性は極めて低いのです。結果としてガバナンスが強化でき、一石二鳥の外国人材管理ツールといえます。

第三者専門機関によるセキュリティ診断を実施

専門機関のセキュリティ診断も実施済みであり、ネットワークも問題ないことが明らかにされています。さまざまなシナリオで擬似攻撃を行った上で安全性が確認されているのです。

多くの有名企業への導入実績

ビザマネは実際の多くの企業に導入され、現在進行系で活用されています。たとえば株式会社鳥貴族ホールディングスは1,000人以上の外国人従業員が在籍しており、今後も雇用を行う予定とのことで、ビザマネを導入したそうです。ビザマネの導入前は期限管理をExcelで行っていたため、管理工数がかかっていることが課題でした。また偽造の在留カードが出回っていることもさり、企業として危機感があったことも背中をおした、とのことです。

ビザマネは在留カードの偽造チェックやクラウドでの期限管理ができるわけですが、とくに注目したのがアワマネとの連携だそうです。アワマネとは株式会社ウィルグループが展開する外国人非正規雇用に特化した就労時間管理システムであり、28時間管理などの勤怠管理もより円滑に実施できるものです。他にも吉野家や不二家、鉄人化計画、そしてウィルオブファクトリーなど導入企業は枚挙に暇がありません。

用途に合わせて選べるリーズナブルな料金プラン

ビジマネでは4つのプランが用意されており、用途に合わせて選べます。

フリー:無料

お試し利用したい方向けのプランであり、無料です。ベーシックプランの機能を登録従業員30名以下限定で使えるので、小規模な企業であればフリーでも充分です。

ベーシック:従業員31名から1名につき330円(税込)

外国籍雇用に必要な在留カード偽造チェックから在留カード管理を行える基本的なプランです。120人以下の規模で外国人を雇用している企業向けのスタンダードプランになります。

ビジネス:3万5,000円(税込)から

120名以上の外国人を雇用している、カスタマイズして利用したい企業様向けのプランです。外国籍従業員に提出してもらう書類や項目をカスタマイズ・データ出力のフォーマット変更など、かなり細かなところまで手が加えられるのが特徴です。

エンタープライズ:応相談

セキュリティ強化やBPOを希望する企業向けのプランであり、API連携や従業員データ入力代行、セキュリティ設定などの対応も可能です。

 

ビザマネの特徴を明らかにしました。在留カードの偽造チェックや弁護士監修の就労可否判定が簡単にできるのが特徴であり、しかもセキュリティも万全です。複数のプランが用意されており、自社に適したものが選べるのもこちらのメリットといえます。外国人の雇用を考えている企業、すでに雇用している企業はこの機会に導入を検討してはいかがでしょうか。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧