G-WORKERの画像1

会社名 ファイブテクノロジー株式会社
所在地 東京都中央区日本橋茅場町2-3-9 茅場町ハヤオビル 6F
電話番号 03-5651-9245
代表者 登坂 忍
設立 2004年9月17日
おすすめポイント「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。

「申請書の作成は手作業のため、時間がかかり入力ミスも多い」「実習生を増やしたいがすでにキャパオーバー」「トラブル防止のため、実習生のケアに注力したいのに時間を割けない」などの悩みは、外国人実習生を抱える企業なら一度は思ったことがあるはずです。これらを解決するには、膨大な量の書類作成や管理を自動化するしかありません。

そこで、おすすめなのがG-WORKER。あらゆる作業工程を自動化し、便利な機能が搭載され注目されているサービスです。今回はG-WORKERについてまとめましたので、業務効率化を考えている方は参考にしてください。

G-WORKERの画像

G-WORKER(ジーワーカー)

「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。

公式サイトで詳細を見る

申請書作成からスケジュール管理まですべて自動化

G-WORKERの画像2

G-WORKERは、外国人技能実習生受け入れの申請書作成からスケジュール管理まで、すべてを自動化した専用システムです。G-WORKERは、以下のような悩みをもつ人に最適でしょう。

「処理する書類が膨大で、管理が大変」「システムを使わずにエクセルなどで手入力しているためミスや入力漏れが起こっている」「役所への書類提出がいつもギリギリになる」など、書類作成や管理に課題を感じられている職場は少なくないでしょう。

そんな悩みがある場合は、複雑で膨大な作業を「人」ではなく自動化してくれるシステムへ任せてしまいましょう。自動化されたシステムを導入すればスケジュールどおりに仕事が進み、書類作成や管理の手間がなくなります。

そうすることで、なかなか時間が設けられなかった外国人実習生たちへのフォローや声かけなどに割く時間とマンパワーが生まれ、失踪やトラブルなどの事故を未然に防ぐことにもつながるでしょう。また、実習生を増やすことも視野に入れられるようになるので、これまでとは真逆の運営体制を築ける可能性があります。

そしてスケジュール管理の自動化により、役所への書類提出が遅れる、遅れそうになるなどで慌てることもなくなるでしょう。現状に課題感をお持ちであれば、ぜひ一度検討する価値のあるサービスです。

G-WORKERの画像

G-WORKER(ジーワーカー)

「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。

公式サイトで詳細を見る

G-WORKERが選ばれる6つの理由

G-WORKERの画像3

では、ここでG-WORKERが選ばれている理由について解説しますので、チェックしていきましょう。

まず一つ目は、「提出期限を必ず守る」ことができる点です。実習生の入国日を入力するだけで、すべてのスケジュールが自動的に生成されるようになっています。しかも期限が迫れば、お知らせのアラート付きなので安心でしょう。

二つ目は、「作業進捗の可視化」です。これまで通り属人化させてしまうと、チームでの情報共有が難しくなります。しかし、G-WORKERはデータが一覧で可視化されるため、誰がいつ見ても、どういう状況なのか理解できるようになるでしょう。

三つ目は、「書類作成時間の大幅削減」ができることです。一度マスターにデータを登録してしまえば、それ以降は必要なデータを呼び出してクリックするだけでよくなるため、とてもラク。手作業でのデータ入力に比べると、大幅に書類作成にかける時間を削減できるでしょう。

四つ目は、「データの検索」が容易なことです。必要なデータを必要なときに、すぐに取り出せる。アナログな管理方法では情報を探し出すのに時間がかかってしまうかもしれませんが、G-WORKERは情報検索も簡易なものにしてくれます。

五つ目は、「シンプルな操作性」です。充実した機能に対して、操作はシンプルそのもの。直感的に作業できるため、すぐに慣れられるでしょう。

最後の六つ目は、「安心と集中」です。つまり、これまで時間と手間を取られていた作業を自動化できることで、ほかの重要な業務に集中できるようになるということです。同時にスケジュールが押してしまうのではないか、という不安とも無縁になるでしょう。

自動アラートなど便利機能が搭載されている

G-WORKERの画像4

いくつかの機能について、具体的に見ていきます。まずは「自動アラート機能」について。

スケジュール管理が自動的に行われるのは前述したとおりですが、納期遅れを防ぐためにわざわざスケジュールを見にいく必要があるのかというと、そんなことはありません。納期が近づくと自動的にアラートがかかる仕様となっており、納期に遅れることなく確実にすべき作業を進められます。

またアラートは、「締切日」「案内」「警告」などの3種類に分かれています。これらの開始日は、自由に設定できるでしょう。

そして「申請書作成機能」について。はじめに監理団体、送出し機関、実習実施者および技能外国人技能実習生のマスターデータとなる情報を入力します。そうすると、次からは申請書ごとに必要な項目にチェックを入れるだけで、ワンクリックで簡単に申請書が作成できるでしょう。

スケジュール管理機能とも連携しているため、スケジュールに合わせて期限に遅れることなく書類作成ができるようになるでしょう。最後に「データ管理機能」についてです。申請書を印刷すると同時に、申請書のPDFデータが作成され、しかもPDFデータは所定のフォルダに自動的に振り分けられて保存されます。後からデータを探したいときにもすぐに見つかるため、とても便利な機能でしょう。

導入と価格について

G-WORKERの画像5

導入までの流れとして、まずは2か月間の無料お試し期間があるので、無料トライアルに申込します。すると、アカウント登録ができるようになり実際に運用が開始できます。3か月目から費用が発生するようになっており、初期費用で25万~85万円、利用料は月額2万9,800~8万円となっています。

詳細に関しては、公式サイトから問い合わせをしてみてください。もちろん、トライアル期間終了前に継続の意思確認の連絡が入るため、「知らない間に本契約になっていた」といったことは一切ありませんので、安心です。

まずは公式サイトから問合せしてみよう!

G-WORKERは申請書の作成から、スケジュールの管理まで、これまで手作業では膨大かつミスも発生しやすかった作業工程をすべて自動化してくれます。納期遅れを防ぐためのアラート機能も搭載しているため、納期ギリギリになって気づいて焦って対応する、ということも大幅に減らせるでしょう。

業務負荷が減った分、コストの削減はもちろん、実習生へのケアや新たな業務へ人手を割けるなど、副産物的なメリットも多くあります。今なら無料トライアルも試せますので、興味がある方は公式サイトから問い合わせしてみてください。

G-WORKERの画像

G-WORKER(ジーワーカー)

「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

外国人材管理ツールランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク