【2024年最新】特定技能対応!外国人管理ツールランキングTOP11!特定技能対応のツールを紹介!

dekisugi(できすぎ)の画像

会社名 株式会社グレッジ
所在地 大阪府大阪市中央区 南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル10F
電話番号 0120-552-832
代表者 阪本 裕哉
設立 2020年03月04日
事業内容 システム開発
自社システム開発・販売
受託開発・保守
外国人雇用に関する支援事業
おすすめポイント現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。

「膨大な量の書類作成を簡素化したい」「エクセルやワードで管理しているので、どうしてもミスが発生する」「スケジュール管理が大変」など、外国人材管理の現場では、多くの悩みが発生していますよね。システムを導入したくても、「コストに見合う性能であるかどうか」や、「使い勝手のよさが気になる」など、導入に二の足を踏んでいる方も多いことでしょう。

そんな方に検討してほしいツールがdekisugi(できすぎ)です。今回はdekisugiの機能や特徴、選ばれている理由について解説しますので、ぜひ参考になさってください。

dekisugi(できすぎ)の画像

dekisugi(できすぎ)

現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。

\800団体の導入突破!選ばれている管理ツール/
公式サイトで詳細を見る

dekisugi(できすぎ)の口コミ・評判

アシスト国際事業協同組合

効率化できた

認定計画書類の作成で一番助かっています。
中でも実習実施予定表の時間計算が自動で出てくるのが良いですね。
実習実施者さんの中で企業カレンダーがない企業様もいるので、その際もともと全て電卓で計算をして、必須・関連・周辺などに割当てた計算の結果を入力していたのですが、その時間計算時間が非常 に減ったことが嬉しいですね。 また、入国タイミングが同じ人はグループとしてまとめることができるので、
そのグループの人の書類やデータを作るときには 1 人分さえできればデータ入力も書類作成も簡単に終わるので管理面で も書類作成面でも効率化ができています。

引用元: https://dekisugi-kun.jp/

アシスト国際事業協同組合さんはこれまで電卓を使って計算をしたり、手入力をしたりしていたそうですが、 dekisugiを導入することで業務を効率化することができたとのこと。手動ではどうしてもヒューマンエラーを防ぐことはできませんが、システムの導入で時間だけでなくミスを削減することもできるようになります。
ITC協同組合

サポートが充実していた

書類作成が簡単にできるようになったし、個人ごとの管理がやりやすくなりました。 またシステム利用開始初期には、サポートが充実していたので安心できました。恐らく何度もサポー トセンターに電話をしていたのですが、すぐに対応してもらえて分かりやすかったですし、電話以外 の問い合わせも不明点があったらすぐに聞けたのでどんどん使えるようになっていきました。 また、好きな機能は『取得元』の機能で、書類を作りながらどこから反映されているかすぐに確認で きるから間違いがあればすぐに修正もできるし、データの管理や更新も同時にできるので非常に使い 勝手がいいです。 特定技能も使っていますが、システムを使っていることで非常に効率化されています。

引用元:https://dekisugi-kun.jp/

ITC協同組合さんによると、 dekisugiはサポート体制が充実しているとのこと。初めて導入するシステムは使い方が分からないこともあるので、問い合わせに迅速に対応してもらえると安心ですよね。

あらゆる作業が「デキすぎる」外国人材管理ツールNo.1

dekisugiの画像2

dekisugiは、技能実習制度・特定技能制度、どちらにも対応しています。監理団体や登録支援機関が、人材の管理や業務のスケジュール管理、複雑な書類作成に関する業務の効率化を実現し、さらにコスト削減を提案してくれるツールといえるでしょう。

累計導入数700団体に導入されておりサービス継続率が99%と導入していただいているお客様の満足度が高いのがdekisugiです。
監理人数規模も数万規模と今最も注目されているクラウド型管理ソフトのひとつです。

何度もルールが変更される業界の特異性にも対応できるようアップデートを繰り返しており、現場の意見がしっかり反映され、使いやすさが追求されています。実際に、現場の業務に合わせた設計になっていると評判で「現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1」に選出されているのが、その証拠でしょう。

dekisugiならば、よくあるお悩みも解決できます。たとえば、膨大な量の書類作成における手間とミスの削減、関係者全員に最新データを共有できる、書類作成の属人化を防ぐ、システム導入費のコスト削減、これまでのアナログ管理のデータ移管の実現、といった機能が役立つでしょう。

なぜ、そんなことが可能なのでしょう? それはdekisugiを作るにあたり、監修に監理団体や登録支援機関が携わり、これまで何度も「より使いやすい」ようにアップデートを繰り返して、現場のクライアントと一緒に作り上げてきたシステムとなっているためです。こうしたことにより、現場の実際の業務に合わせた設計となっています。

dekisugi(できすぎ)の画像

dekisugi(できすぎ)

現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。

\800団体の導入突破!選ばれている管理ツール/
公式サイトで詳細を見る

dekisugiで好評な4つの機能を紹介

dekisugiの画像3

「現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1」に選出されているdekisugiですが、これほどまでにシェアを獲得できているのには、4つの好評な機能が理由として挙げられるでしょう。

まず1つ目は、「書類作成業務の時間短縮・効率化」です。
在留資格証明書交付申請、更新、変更はもちろん、技能実習計画や実習実施予定表などの認定申請書類など、マスター情報を登録すれば書類作成業務の時間が短縮でき効率化を図れる機能が好評な機能の1つです。

2つ目は、「データの一元管理と可視化」できる機能です。
トップページのダッシュボードで、実習実施者ごとの受け入れ状態が確認できます。またスケジュールをカレンダー形式で確認できるため自分のタスクや組織のタスク状況等をわかりやすく把握できるため全体の状況を瞬時に把握することができます。

3つ目は「オリジナルの業務フローを作成できる」機能です。システムの仕様に合わせて業務フローを構築し直すのではなく、使っているシステムの流れに沿って構築することが可能なので自由性の高さがユーザーから好評のようです。
立ち上げ間もない組織であれば、基本のテンプレートに合わせて業務フローを構築することも可能なので、業務の負担も軽減できます。

そして最後の4つ目は「スケジュールとタスクを一元管理」できる機能です。タスクの割り当てや、管理機能があるため複数人での作業も円滑に進めることができます。
タスク管理のために、別のツールで管理する必要がなく煩雑なタスク管理もdekisugiひとつで現場業務を一元管理できるため、管理の簡略化ができる点が好評のようです。

詳細元:https://dekisugi-kun.jp/feature/

dekisugiの主な機能をご紹介

dekisugiの画像4

dekisugiのポイントとなる機能をいくつかご紹介しましょう。書類作成が簡単になることは前述しましたが、それは「マスター入力するだけ」で、普段の認定申請や年に1、2回しか作成しない書類も簡単に作成できるようになるからです。

膨大な量の書類を作成しないといけないことが多いため、簡素化できる機能があるのはポイントでしょう。

続いては「データコピー」について。dekisugiは複数登録機能があるため、毎回イチからデータを入力する必要がありません。

また技能実習、特定技能にどちらにも対応していことで、技能実習から特定技能に移行する場合もボタンひとつで移行できるようになっているのも嬉しいですよね。

スケジュールの管理も大変な作業のひとつでしょうが、dekisugiには業務スケジュールの自動生成機能があるので、面倒なスケジュール管理作成作業からも解放されます。実習生の入国日を入れるだけで書類が申請され、ひとつひとつの作成スケジュールが自動生成されるでしょう。また、定期訪問や監査等のスケジュールも作成可能となります。

そしてID毎に権限を付与できるので、データのセキュリティ面でも安心でしょう。全員が共有できることはメリットでもあり、情報漏洩のリスクもあるとお考えの担当の方もいらっしゃるでしょうが、メンバーによって権限を分けておけば、リスクを抑えられますね。

運用開始は低コストかつ導入サポートあり

dekisugiの画像5

dekisugiには3つのプランがあります。各目的に合わせたプランがあり、「技能実習版」「特定技能版」「技能実習&特定技能」の目的に合わせたプランが提供されています。

料金の基本構造は、「基本使用料」+「従量課金」+「オプション料金」で提供されております。「技能実習版」と「特定技能実習版」は各月額29,800円(税抜)から提供されており、各種書類作成の機能だけではなく業界ニュースの配信や導入時のオンボーディングも含まれており、導入後のサポートも充実しています。

今後サービスのアップデートも予定されており、機能などの充実化が予定されています。「技能実習&特定技能」のプランでは「技能実習版」「特定技能版」の全機能・サービスを利用することができることに加えて、「技能実習版」から「特定技能版」へのデーターコンバート機能が実装されている為、連動しての使用も可能となっております。

価格も、39,800円(税抜)と両方の機能で利用を考えている方にはお得な価格感なのも、満足度が高い要因だと考えられます。オプションサービスもあり、利用する状況に合わせてプランをカスタマイズすることもできるので自由度が高いのも特徴です。

参照元:https://dekisugi-kun.jp/plan/

特定技能・技能実習についてのメディアを運用している

dekisugiでは、技能実習に関するメディアを運営しています。このメディアには技能実習に必要な書類や資格一覧、海外で働くメリット・デメリットなど、技能実習に欠かせないノウハウがつまっています。さらに、介護・建設など多数の業界に精通しているのも強み。これだけの知識を持っているdekisugiであれば、多くのニーズに合わせた所品提供が可能になるでしょう。dekisugiが運営しているメディアは以下リンクからチェックできます。

dekisugi(できすぎ)が運用している総合メディアはこちら

【FAQ】よくある質問


監理団体システムdekisugiは立ち上げまもない監理団体様から、大手監理団体様まで幅広くご利用いただけるよう、 各規模のユーザー様のご意見を元に改善を繰り返しているようです。 また、設立したての段階から、適切なシステム構築とオペレーション構築をしておくことで、 拡大期にも焦る事なく質を落とす事なく監理業務を行えるため、設立時ほど導入を推奨しているようです。

新人の方でも対応可能なようです。動画説明、操作マニュアル、初心者向け無料ウェビナーなどの準備もあるため、システム内のフロー機能を活用しながら、画面の流れに沿って作業を進めていただくだけで業務を行えるようです。無料デモを予約をすれば、実際の操作画面を見ながら説明してもらえるようです。

利用パソコン数や登録ユーザー数に上限はないそうです。追加料金なく何名でも同時利用が可能なようです。

技能実習版・特定技能版共に一般的なセキュリティ要件は満たしているようです。独自のセキュリティ網を構築されている場合は不具合が生じる場合もあるようですので、 その際は事前に問い合わせる必要があるようです。

まずは公式サイトから問合せしてみよう!

dekisugiは現場の声に耳を傾け、現場の人が使いやすいと思えることにこだわって作られたツールです。実際に「現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1」にも選出されており、高い評価を得てきました。

膨大な量の書類作成やスケジュール管理などの手間やミスの削減にもなりますし、さらにコストも抑えてシステムが導入できます。業務効率とコスト削減を両立させたいとお考えの方は、ぜひ導入を検討してみてください。公式サイトから問い合わせできるようになっていますので、まずはそちらをチェックしてみましょう。

dekisugi(できすぎ)の画像

dekisugi(できすぎ)

現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。

\800団体の導入突破!選ばれている管理ツール/
公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
特定技能管理ツールおすすめ3選

外国人材管理ツールランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク