【2024年最新】特定技能対応!外国人管理ツールランキングTOP11!特定技能対応のツールを紹介!

技能実習管理ツールおすすめ3選

公開日:2024/07/11  

管理ツール

近年、労働力不足を解消するために、外国人労働者を雇用する国内企業が増えてきています。従来の就労ビザはもちろん、技能実習制度や特定技能制度といった新しい滞在資格を活用するケースも増加しています。

しかし、外国人労働者を雇用する際の手続きは煩雑であり、手作業での管理は困難です。そこで今回は、おすすめの技能実習管理ツールを紹介します。

dekisugi(できすぎ)

できすぎ

会社名 dekisugi(できすぎ)(株式会社グレッジ)
住所 〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町3-1-43 西本町ソーラービル6階
電話番号 06-7712-2572

dekisugi(できすぎ)は、株式会社グレッジが提供する技能実習管理ツールです。特徴や魅力を紹介します。

1,000を超える団体で導入実績あり

dekisugi(できすぎ)は、技能実習管理ツールにおいて業界トップシェアを誇ります。これまでに1,000団体を超える監理団体や登録支援機構で導入実績があります。中小企業から大規模まで、さまざまな団体で導入されており業務効率向上に貢献しています

技能実習生を受け入れたいと思っているものの、さまざまな課題を抱えている企業は少なくありません。

たとえば「申請する書類のデータが散らばっており、タスクの把握ができていない」「担当変更や新人育成に対応できるマニュアルがない」など、企業によってさまざまな悩みを抱えています。

dekisugi(できすぎ)は、実習生の基本的な情報はもちろん、試験情報や過去の在留カードの情報、監理団体などをクラウド上で一元管理できるため、これらの悩みを解消できます。実際に、導入した企業では書類作成効率が3倍になったとの声もあります。

充実した活用支援サポート

dekisugi(できすぎ)を契約した企業において、99%が利用を継続しています。その理由としては、充実した活用支援サポートが挙げられます。導入前のデータ移行に関するサポートはもちろん、導入後のサポートにも力を入れています。

課題ごとに解決策を提示し、登録方法や書類作成の効率的なやり方を紹介しているため、システムを最大限に活用できます。また、利用状況に合わせてカスタマイズに提案なども行っています。

さらに、電話によるサポートセンターやシステムお問い合わせ窓口、遠隔操作サポートなどの有料級サポートを無料で受けられます。万が一、トラブルが起こった際にもスピーディーな解決が可能です。

監理団体による運営支援

2017年のOTIT設立から、5年間外国人技能実習機構に努めていた経歴を持つ職員が在籍しています。技能実習制度に関する質問や書類の記載内容に関する相談について、元OTIT職員に確認しながらサポートを行っているため、確実に申請業務を進められます

また、dekisugi(できすぎ)の利用者は、弁護士や社労士、コンサルタントなどのセミナーに無料で参加できます。監査の際の注意点や労務問題、育成就労制度の変更点など、最新の情報を無料で受け取れます。

かんべえ

かんべえ

会社名 かんべえ(サンユー株式会社)
住所 〒670-0940 兵庫県姫路市三左衛門堀西の町65
電話番号 079-284-0022

かんべえは、サンユー株式会社が提供する技能実習管理ツールです。特徴や魅力を紹介します。

情報のクラウド化をサポート

かんべえは、技能実習生や特定活動・特定技能などの外国人労働者の情報を管理し、面倒な監理業務をサポートする監理団体向けクラウドサービスです。

「監理業務の情報共有ができていない」「書類作成・保管に手間が掛かっている」などの悩みを解消できます

かんべえは、主な機能として「人材・企業データベース」「スケジュール管理」「ファイル管理」などを搭載しています。

企業情報や外国人労働者の情報は、安全なクラウドデータベースで管理されます。さらに、データベースから自動的に書類作成が可能なため、記載ミスを無くせます。

また、これらのWebシステム以外にもオンライン通話で操作説明を行う「かんべえMeet」や運用初期のデータ移行支援を行う「かんべえStart」、デジタル化をサポートする「かんべえDX」などの多岐にわたるサービスを提供しています。

「せっかくシステムを導入したものの、使いこなせない」という問題を解消できます。

「みまもりアプリ」との連携が可能

受け入れ企業と技能実習生とをつなぐスマートフォン用コミュニケーションツール「みまもりアプリ」もリリースしています。みまもりアプリは、かんべえとの連携が可能です。

みまもりアプリには「日記・メッセージ機能」を搭載しています。この機能を活用することで、技能実習生の日常を管理できます

技能実習生は、文字やスタンプを使って日々の記録を残せます。日常的に日本語を使用することで、語学力向上にも期待できます。また、実習生が記入した内容は、企業が閲覧できるため、実習生のメンタルケアにつなげられます。

また、そのほかにも実習生に有効な情報を一斉配信できる機能や日本語学習支援サービスなどを搭載しています。かんべえとみまもりアプリを連携することで、さらなる効果アップを望めます。

監理団体と企業、さらに実習生間でのコミュニケーションが充実することが可能です。

JRS

JRS

会社名 JRS(日本リテイルシステム株式会社)
住所 〒110-8562 東京都台東区台東2-1-1 東秋葉原ビル
電話番号 03-3833-153103-3833-1531

JRSが提供している「外国人実習生監理システム(FTI)」について、特徴や魅力を紹介します。

いつでもどこからでも使えるクラウドサービス

外国人実習生監理システム(FTI)は、外国人技能実習生の受け入れや斡旋・受け入れ先企業と実習生の情報管理やOTIT・入国管理局への提出資料の作成を行うシステムです。

外国人実習生監理システムを導入することで「エクセルでの書類作成・データ管理が大変」「外出先から提出期限の確認ができない」「複数人で同時に入力・編集ができない」といった困りごとを解決することができます

外国人実習生監理システム(FTI)は、各種帳票をPDFだけでなく、ExcelやWordファイル形式で出力できます。そのため、出力後に入力ミスに気づいた際にすぐ修整可能です。

また、クラウドサービスのため、インターネットがつながる環境であれば、いつでもどこからでも使用できます。実習生・実習先のそれぞれの情報をさまざまな場所で入力可能です。

さらに、アカウント設定を行うことで、複数人での同時使用ができるようになります。それぞれのアカウントに使用権限を付与することも可能で、データの競合や消失を防止します。

最大10か国語に対応

外国人実習生監理システム(FTI)は、最大10か国語に対応しています。日本語・ベトナム語・インドネシア語・マレーシア語・タガログ語・英語・中国語を標準で装備しており、その他はオプションにて対応しています

実習生の国籍に合わせた言語での帳票を自動で発行できるため、業務工程を大幅に短縮できます。

また、実習先の企業情報や役員情報、決済履歴などをジャンルごとで登録できる機能を搭載しています。

まとめ

今回は、おすすめの技能実習管理ツールを紹介しました。近年は、さまざまな業界において人手不足が深刻化しており、人材を確保するために外国人労働者を雇う企業が増えてきています。

従来の就労ビザに加えて、技能実習制度や特定技能制度といった新しい滞在資格を活用するケースも増加しています。しかし、外国人労働者を雇用するためには、日本人を雇用するよりもより多くの手続きが必要となります。

それぞれの外国人労働者の在留資格によっても申請内容が変わるため、手続きに戸惑う担当者も多いことでしょう。技能実習管理ツールの導入を検討している方は、まずは複数社に見積もりを問い合わせてみることをおすすめします。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索