J-repoの口コミや評判

公開日:2022/05/01

J-repoの画像
J-repo(株式会社 トップ・クラフト)
住所:千葉県船橋市七林町436-27
TEL:047-401-0202

外国人技能実習生に日々接しているみなさんは、毎日の実習生たちの日誌管理や労務管理にお悩みではないでしょうか。「Jレポ(J-repo)」は、その業務負担を大幅に軽減してくれる日誌作成ツールです。本記事では「Jレポ(J-repo)」の持つ主な機能や、フォローアップ体制、料金システムなどについてお伝えします。

簡単操作でめんどうだった日報をラクラク作成

「Jレポ(J-repo)」は、外国人技能実習生に特化した日誌作成ツールです。「外国人技能実習生たちには日誌を書いてもらわなければいけないけど、その管理が大変…」「紙媒体だと、チェックするのも一苦労」「紙での保存は場所を取ってしまい、事務所を圧迫してしまう…」と、企業の担当者は悩みがちです。その解決策がこの「Jレポ(J-repo)」です。

「Jレポ(J-repo)」を使用することで、専用アプリ・専用サイトの両方から監理団体へ提出する日誌作成を簡単に行うことができます。外国人技能実習生たちが毎日の実習日誌をラクラク作成できるようになり、管理側も実習日誌を簡単にチェックできるシステムを導入することで、業務の改善・業務効率化の促進が期待できます。以前は、監理業務は書面作業で、膨大かつ面倒な作業でしたが、この「Jレポ(J-repo)」というシステムを活用することによって、それらの書面作業が簡単で効率的な作業に生まれ変わります。

「Jレポ(J-repo)」の主な機能としては「グラフ表示で達成状況を確認」「実習内容を選ぶだけで日誌が完成」「勤務報告書などを自動作成」の3つが挙げられます。「グラフ表示で達成状況を確認」という機能は、外国人技能実習生の実習実施時間をグラフで表示することで、当月の実習達成状況が一目でわかる機能です。「実習内容を選ぶだけで日誌が完成する」という機能は、あらかじめマスター登録した実習内容・指導内容などを選択するだけで実習日誌が完成します。

そして「勤務報告書などを自動作成する」機能は、勤務報告書・技能実習日誌、認定計画の履行状況に係る管理簿や、実習実施場所、労働時間、始業就業時間、残業時間などを記録したデータを自動的に作成できる機能です。それらの、記録・保管の義務がある書類を自動で作成し、必要な際にはPDFでのダウンロードや印刷もできます。

提出に必要な書類をすべて網羅し時間をシフト

「Jレポ(J-repo)」は、提出に必要な書類をすべて網羅しています。「監理団体に提出するときには、どういった書類が必要だったのか」ということを、毎回チェックしてひとつずつ用意していては、膨大な時間と労力がかかってしまいます。

しかしそこで「Jレポ(J-repo)」を使えば、毎回の手作業による書面作成・準備の時間がカットされるだけでなく、そこに必要な労力まで削減できます。そして、労力削減分を人件費削減にまわすことや、労力削減で余裕ができた時間を使ってほかの作業をする、従業員の教育・研修などに時間を使う、など有意義な時間の使い方にシフトすることが可能です。

充実のフォローアップ体制

外国人技能実習生の日誌作成ツールである「Jレポ(J-repo)」は、企業が「Jレポ(J-repo)」を導入する際には、充実したフォロー体制(オプション)を準備しています。このフォローアップを利用することで「Jレポ(J-repo)」の導入・運用をスムーズに行なうことが可能です。

実際のフォローアップでは「Jレポ(J-repo)」のサポート仕様書などを用いながら、スタッフが丁寧に導入や運用のサポートをしてくれます。「Jレポ(J-repo)」を導入後、すぐに使い始められるように、初期設定の作業を依頼することも可能です。

また「Jレポ(J-repo)」の料金設定は、プランによる機能制限がありません。契約すると「Jレポ(J-repo)」のすべての機能を利用できます。エンタープライズ契約をすると、実習生一人当たりの料金は、およそ月に1,000円~となっています(初期費用・サーバー保守代などは別途料金)。導入する会社の規模によって、さまざまなプランが用意されているので、まずは「Jレポ(J-repo)」の利用を検討していること、どういった運用が可能かということについて、問い合わせてみることをおすすめします。

 

ここまでJ-repoの特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。「Jレポ(J-repo)」の「簡単操作でめんどうだった日報をラクラク作成」「提出に必要な書類を網羅し時間をシフトできる」という特徴について、また「充実のフォローアップ体制」「料金」について、説明しました。外国人技能実習生の日誌や労務管理は、量が膨大になり労力がかかりがちなもの。その作業負担を軽減できる「Jレポ(J-repo)」の導入を、ぜひ一度検討してみてください。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧