Linkusの口コミや評判

公開日:2022/04/01

Linkus
住所:〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー6F
TEL:080-2259-006403-5739-3368

外国籍の人材採用が増加する昨今、雇用の手続きや管理に頭を悩ませる企業は多いとされています。LinkusはBEENOSHRLink株式会社が運営する人材プラットフォームです。外国人の雇用、管理を一括で行なえるのが最大の特徴であり、外国籍の人材採用の普及に貢献しています。今回はそんなLinkusについてご紹介します。

管理と営業の両側面を持った業界唯一のプラットフォーム

日本人の雇用とは違い、手続きや管理に大変手間がかかる外国人労働者の雇用。管理ツールの導入を考えていてもどこのシステムがよいのかわからなかったり、使ってみたものの費用やシステムに不安があったりするという企業も多いでしょう。

Linkusの特徴は一つのアカウントで人材の管理と雇用の管理が一括でできること。日本で働きたいと思っている外国籍の人材と受け入れ企業、また支援団体、送り出し機関をテクノロジーでつなぐ、国境を越えたサービス提供が特徴です。

無料でアカウント登録ができ、スマホやタブレットからも利用できるのが強み。会社に戻らず、外出先からでもアクセスできるので作業効率アップにつながります。

2020年7月のサービスを開始後から2,000人を超える海外の人材がLinkusに登録、マッチングが行われており、さらに技能実習の定期巡回、実習日誌管理にも対応する機能の提供や職業紹介事業も可能になりました。

これまでのアナログ作業をデジタル化することにより、外国人の雇用の活性化や透明化を目指すLinkus。お客様の意見を反映した機能改善を続け、進化している点でも注目のツールといえそうです。

在留資格申請書類の作成・データ共有が可能

必要な書類を集め、申請書類を作成するのは大変手間と時間がかかります。また、複数人の手続きが同時進行となってしまう場合にはミスや情報混乱が起きやすいものです。ここではそんな問題を解決するLinkusの便利な機能について詳しくご紹介します。

書類作成をサポート

在留資格申請書類の作成においては、関係者の情報を自動で反映させることにより各種書類を作成します。手続きに必要な書類はLinkus内にアップロードすれば共有や保管も可能です。関係者からの書類を待たずにデータでの受け渡しが可能になることで、作業効率が上がります。「申請書類作成に3~4日かけていたのに半日ほどで完了するようになった」との声も挙がるほど、書類作成時間の大幅削減が期待できるでしょう。

技能実習から特定技能への切り替えもスムーズ

新型コロナウイルスの感染拡大防止にともなう渡航制限により、日本から母国への帰国が叶わないケースが増加しました。そこで技能実習生が実習を終えてからも日本に在留するために、特定技能へ在留資格の変更を希望するケースも増加したといわれています。

Linkusではこういった状況にも対応、技能実習から特定技能への在留資格変更も同じデータベース上で管理できるように機能の追加をしました。また、監理団体のアカウント上では実習生のアカウントも作成可能にし、アカウントを実習生本人に引き継ぐこともできるようになっています。

コミュニケーションツールも充実

求職者、関係団体のアカウント同士を連携し、クラウド上での情報交換、情報共有ができるのも便利な点。また、チャット機能もあるので会話をするようにスピーディーなコミュニケーションが叶います。電話をしたり、メールをチェックしたりと煩雑だった連絡手段がLinkus内ですべて完結するので確認漏れがなくなり、管理も容易になることでしょう。

面接から就業中までの情報を確認できるステータス管理

採用に関する管理業務もLinkusであれば簡略化が可能です。Linkusでは面接、就業準備中、就業中、帰国準備中などのステータスで管理できるので、誰が今どの状態にあるかが一目瞭然なのが特徴。また、支援業務については事前ガイダンス、生活オリエンテーションといった進捗状況を連携した相手と共有できます。これからすべき作業が可視化されていることで管理が容易に、またLinkus一つで管理ができるのがメリットです。

アカウント登録は無料!ワンコインで管理ができる料金体系

Linkusの料金体系も気になるところですが、求職者アカウントの連携管理は一人あたり月500円と非常にリーズナブル。導入費用が一切かからず、ダウンロードなどの手間もないので、使いたいと思ったら早速利用できます。

さらにアカウント作成や候補者のステータス管理にも費用はかかりません。Linkus内で使用できるサービスはすべて無料なので、お試しに使ってみても、仮にあまり気に入らずにすぐに使用を辞めたい場合にもかかる費用は少額で済みます。

 

海外の人材、支援団体や受け入れ企業が一つのプラットフォームでつながるLinkus。情報共有によって申請書類の作成から人事管理、情報のやりとりや連絡といった煩わしい作業がなくなり、大幅な業務の効率化につながります。海外の人材雇用・管理は大変だと考えている企業でも思ったより楽にできそうだと感じるかもしれません。海外の人材活用を検討されている方、また海外の人材活用を始めたけれど管理に困っているという方は導入を考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧