外国人材を受け入れる際に注意するべきポイントとは?

公開日:2022/04/15

人材確保やグローバル化という観点から、外国人材の採用を検討している企業もあるかと思います。採用できる人材の母数が大きく増えるため、人材不足を解消するにはうってつけの方法でしょう。今回は外国人材を受け入れるメリットや注意点、雇用の際の流れについて説明していくので、ぜひ参考にしてください。

外国人材を受け入れる利点

外国人材を受け入れることで得られる利点について紹介します。まず、労働力の確保につながることです。現在、日本は少子高齢化が進んでいて働き手が慢性的に不足している傾向があります。そこで、雇用の枠を日本人だけに限定せず外国人材を受け入れることで、労働力不足が解決できることが予想されます。

また、海外から日本に留学してきている外国人は、若く優秀な人が多いです。そういった人材を見つけることができれば、長く働ける人や今までにない観点から仕事を進めるアイディアが生まれる可能性があります。育ってきた環境や文化が異なる外国人は、日本人にはない感覚を持っています。さまざまな価値観に触れてお互いが人間的に成長していけるでしょう。

また、日本人ならではの固定観念のようなものを打ち砕いてくれるかもしれません。社内に新しい風が吹いて、従来の仕事方法を見直すきっかけになり結果的に作業効率の向上につながることが考えられます。

グローバル化へ前進

外国人材は母国語や英語を話せる人が多いため、外国人の顧客への対応がスムーズになります。メールなど書面のやりとりも翻訳する手間が省け、さらに正しい言葉で返信できることから安心感が増します。

そうやって外国人の顧客や企業と良好な関係を築いていくうちに、海外進出や企業のグローバル化が望めるかもしれません。もともと「この国へ事業を展開したい」と考えている国があれば、その国出身の外国人材を採用することで国への理解度が深まりますし、マーケティングも有効に行うことが可能です。

外国人材を受け入れる際はどこに注意するべき?

外国人材を受け入れる際は、いくつか注意すべき点があります。まず、採用する外国人材がどの程度日本語を話せるか、日本に対して理解があるかを確認してください。

日常会話ができたとしても、仕事を掘り下げた話をする際に細かいニュアンスが伝わらず思わぬトラブルが起こってしまってはいけません。相手がきちんと自分がいっていることを理解しているか、反対に相手のいいたいことをきちんと把握できているかお互い確認し合うことをおすすめします。

また、お互いの文化や風習、宗教などの違いから差別や偏見が生まれないよう気を配ることが重要です。日本人はとくに勤勉であり、休まず働くことが偉いという風習が根付いています。一方、外国人は仕事とプライベートをはっきり分けて、自分の仕事をこなしたら帰るという人も。お互いどの程度仕事に対して干渉し合うか、声を掛け合って認識をすり合わせておきましょう。

とくに、Yes・Noがはっきりしている国の場合、いわれないと手伝わない、はっきり伝えなければ理解できないと思われることがあります。「あの人は仕事をまったく手伝わない」「チームワークがとれていない」と思われて社内で孤立しないよう、伝えるべきことはしっかり伝えるといったことを周知徹底してください。

日本人の雇用とは違う手続き・知識が必要

外国人材を雇う際には、滞在資格や就労ビザをきちんと取得しているかどうか確かめなくてはいけません。また、取得しているビザによっては就けない業種の仕事もあるため、あわせて確認しておくことをおすすめします。また、外国人材を雇う人数によっては別途雇用労務責任者を選任する必要があります。雇用の際には適切に人事管理を行ってください。

外国人材を雇用するまでの流れ

まずは外国人材を雇用する目的を明確にしておきましょう。なぜ外国人材が必要なのか、どのような仕事をしてもらうのかをはっきりさせておかなければ、人材が確保できなくなる可能性があります。日本語力や有しているスキル、採用予定人数、雇用期間、業務内容をあらかじめはっきりさせたうえで外国人材を探します。

そして、雇用の際には持っている滞在資格や就労ビザの種類をしっかり確認してください。持っている資格と採用になった際の仕事内容が異なる場合、新たな資格を取得する手続きを行わなくてはいけません。

日本人に比べ採用までに時間がかかるのが一般的です。働いて欲しい時期を見極め、求人サイトや人材紹介会社を活用して早めに求職を行うことが重要です。契約時にはきちんと書面で内容を残しておき、1から説明します。労働条件について相互理解を深め、納得したうえで採用を決定しましょう。

 

外国人材を受け入れる利点や注意点について解説しました。日本人を雇用するサイトは手続きも配慮すべき点も異なります。それを理解しておかなければ、採用時・採用後に思わぬトラブルが発生して、企業側が責任を問われる可能性もあります。外国人材雇用に関する知識や手続きに関して理解したうえで、採用すべきかどうか検討してください。

おすすめの外国人材管理ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名dekisugiSaver.実習生チャイナくんcommonG-WORKER
特徴現場が選ぶ使いやすい外国人材管理ツールNo.1。業務とコスト削減を両立。技能実習制度監査協会の会員限定システム。クラウド型でどこでも利用可能。古くからあるサービスで一定のシェアを獲得。書類作成の自動化が可能。業界内における老舗のサービス。コンピュータソフトが自動で書類生成。「人」に頼らないシステムで、申請書作成やスケジュール管理を自動化。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧